Archive for 2016 年 4 月

着物の格、訪問着ってどんな着物?

| 投稿者: admin
4月 26 2016 年

訪問着とは和服における女性の正装のうちの一つで、既婚、未婚に関わらず着ることができます。背中と両袖に家紋を入れるものが正式ですが、今では紋を入れない、もしくは背中に一つだけ入れるというスタイルで作られることが多いものです。

柄の描かれ方が特徴で、「絵羽模様」という絵付け方法です。これは何も描かれていない生地を寸法通りに仮縫いした後、縫い目関わらず下絵を描き、着物をほどいた後で染色するもので、出来上がった時には着物を一枚のキャンパスとして全体の柄がつながるように描かれているのが特徴です。

訪問着は紋の数だけでなく、描かれている柄によっても格が変わってきます。古典柄や箔を使ったものは格が高いとされています。反対に現代的な柄や紬訪問着はオシャレ着にあたります。

合わせる帯はフォーマルであれば袋帯、オシャレ着であれば名古屋帯を合わせることができます。また、用途によっては伊達襟を重ねて使うこともできます。

訪問着は着物柄や合わせる帯によって色々なシーンに使える着物です。結婚式やお茶会、子どものお祝い行事などほとんどの華やかな席に対応することができます。訪問着の名前の通りどこかを訪問する際に着用することができる着物として考えるとわかりやすいでしょう。

自宅にある着物や羽織をどう活かす?

| 投稿者: admin
4月 25 2016 年

自宅に眠っている着物や羽織がある場合、勿論ご自身で着用されるのも良いですが、買取に出して他の方に来てもらうという手もあります。

その際に注意したいことが何点かあります。まず一般的な買取業者だと、着物・羽織についての専門知識が無いため査定が出来なかったり本来の価値以下の査定額になってしまうことがあります。必ず着物・羽織に精通した専門の業者にお願いすることをお勧めします。

着物や羽織を買取に出す時に、持ち込んだり宅配で郵送したりして査定をお願いすることが多いと思います。ですが、着物や羽織は繊細な衣類ですので持ち運びの間にトラブルが起きて傷がついてしまうと危険です。もし不安な場合は出張して貰える業者を選びましょう。

また専門店で見て貰うに当たり、汚れが無いかどうかやアンテイーク物の場合は作者・仕立て方・素材の情報が必要な場合もあります。分かる範囲で調べておき、査定額に反映して貰いましょう。

高価値のものは、絹で出来たもの、伝統工芸品のものなどです。希少価値がありますので、お持ちの方は大切に保管しておきましょう。また振袖の着物は結婚により着る機会が無くなるので、親戚に譲ったりアレンジして訪問着にしたりするだけではなく、査定に出すことであらゆる可能性を広げられます。

振袖で女性らしい華やかさをアピールしましょう

| 投稿者: admin
4月 19 2016 年

振袖は、日本人なら知っている人が多い独自の民族衣装で、どのような衣装なのかというと、形はお袖先の付け根に縫い目がなく袖が付いている状態で着用する着物のことを指します。着物は昔から着用されている衣装ですが、それを分類していくと振袖や留め袖などいくつかあります。振袖は名前にあるように袖が長く、腕を振ると袖を振っているように動くことからその名前が来ていますが、着用すると、華やかさと同時にかわいらしく着こなすことができるので、七五三の衣装として女の子が着たり、成人式などで女子に着用されています。ちなみに袖の長さは長いタイプと短いタイプがあります。ですから、どちらかといえば若い年齢の人が着用する着物なのですが、だからと言って結婚したら着てはいけないという決まりはありません。ただ、あまり年齢層が高くなってくると、どちらかというとかわいらしい印象になるので、大人っぽさや落ち着いた女性の印象を与えたいのであれば、留め袖などがおすすめです。現代では、華やかさを求めるために結婚式で来賓の若い女性が振袖を着用する傾向があります。タレントの様にお正月にテレビなどの番組へ出演する際などは年齢を問わずに女性に着られています(振袖【wikipedia】)。

懐かしさが新鮮なアンティーク着物

| 投稿者: admin
4月 18 2016 年

日本文化の象徴でもある着物、素敵ですよね。最近では、日本の良さを再発見するブームにのって、若い子たちも着物を着て歩いていますね。今の若い子たちにとって、大正ロマンや昭和初期のデザインや柄はとっても新鮮に映るようです。

あなたのご自宅にも、レトロなアンティーク着物はありませんか?おばあさんやお母さんから頂いた着物が袖を通すことなく眠っているという方も多いです。いつか着ることがあるかもしれないと、保管している方もいらっしゃいますが、久しぶりに出して見ると、なんだか年代的に色合いや柄が合わなくなったと感じる方もいます。ですが、アンティーク着物は大切なものですし、そう簡単に処分することもできないうえに着物のお手入れはなかなか大変なものです。

そういった悩みを解決するには、ぼくらのような買取サービスに相談していただくのがおススメです。インターネットで、査定依頼の申し込みを頂ければ、あなたのご自宅に査定員が参ります。着物の枚数が多い方や、なかなか外出できない方にも大変好都合なサービスなので、是非ご利用ください。アンティークなものには、想像以上に価値があるかもしれません。あなたがお持ちの貴重なアンティーク着物を有効活用してみませんか?

着物の古着はリメイクがお勧め

| 投稿者: admin
4月 11 2016 年

着物の生地は普通の服よりも丈夫に作られているので、古着はリメイクして使用することをお勧めします。その着物に込められた思い出を残しておくことができる点で、利用者は多いです。バッグやのれん、テーブルクロスは人気ですが、自分ではできないと思われる方には、リメイク店で請け負ってもらえます。イメージを伝え、理想の形にできあがります。着物の古着をクリーニングし、仕立て直しするのは高額になりますが、また何年も着ることができるので、代々伝わる着物は、利用する価値があります。

着物は、古着になっても価値があるものです。高額で購入したものは、数年経っても需要があります。もし、どうしても処分したいのであれば、古着屋や買取専門店で、買い取ってもらうことができます。その場合、和紙の包みに入れ、シミや傷がないものが対象です。家紋が入っている物も、需要がないと判断され、断られる確率が高いです。着物の買取は、価値が判断でき、実績のある専門店を選ぶことで、トラブルを防ぐことができます。いい着物、思い出のある着物の価値を判断してもらえないのはがっかりですよね。自分が納得できる取引ができるよう、その着物がいつ購入したものか、どこで制作されたものか、知識があるとより安心です。まずはあなたのお持ちの着物の価値を知る必要がありますね。